このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

株式会社NOTE奈良

古民家でつづく営みをつくる。

会社について

About our company

地域を主役にする「営みの黒子」

株式会社NOTE奈良は、奈良県全域で歴史的建築物(古民家)を使ったまちづくり事業を展開している会社です。

空き家となった古民家を利活用し、地域の「営み」を持続可能な形で継いでいく取り組みをしています。
営みという言葉は、「地域の息づかい・住民の生活」「持続可能な事業」の2つを意味します。


古民家は、重要文化財クラスの指定文化財でなければ、国を含む行政からの支援が中々得られず、結果として守られないという事態に陥っています。

そんな古民家を、次の世代に持続可能なカタチで継いでいく「事業」にする。
そしてその事業を、地域の息づかいや生活を守り活かしながら残していく。

それらを並存させるものが我々の「営み」です。

我々は、「その地域を主役にする」ことを第一に考え、「地域」や「営み」の黒子として取り組んでいます。

行動指針

Guiding principle for operations
営みの黒子(くろこ)
地域の「営み」を持続可能な形で継いでいく取り組みをしていく中で、「その地域を主役にする」ことを第一に考えています。
我々は、「地域」や「営み」の黒子としての立ち位置を重視します。
創造性と革新性
我々が展開する事業やエリアは、商圏の観点では必ずしも恵まれた地域ではありません。
厳しい事業環境下でも、持続可能性がある事業を作り残していくためには、それぞれの専門性を活かした徹底的な検討を行い創造性と革新性のあるまちづくりを営みます。

最初から最後まで責任を持つ
我々は、コンサルティング企業ではありません。
その地域に、資本・時間・人を自ら投下し、自らリスクを負担していきます。
奈良県内に住みながら、その地域の方々と時を共有しながら地道に活動をしていくことも特徴です。
最初から最後まで責任を持つ
我々は、コンサルティング企業ではありません。
その地域に、資本・時間・人を自ら投下し、自らリスクを負担していきます。
奈良県内に住みながら、その地域の方々と時を共有しながら地道に活動をしていくことも特徴です。
速度重視の開発
全国には、100万軒を超える古民家が残されており、利活用が進まないことによって毎年4%(4万棟/年)以上のペースで古民家が消失しています。建物や地域に残る歴史・記憶・営み・資源を残していくためにも、速度重視の開発を進めます。
メンバーの多様性と専門性
Iターン、Uターンを希望する方も歓迎します。
メンバーは、まちづくり分野では未経験者が多いですが、それぞれの専門性を活かして活躍しています。それぞれのメンバーが専門性を高めながら、地方における持続可能なまちづくりに取り組んでいます。
コミュニティを大切に
まずは対象の地域のコミュニティに参加し、その地域の方からの信頼を獲得していきます。
主に行政や金融機関からの紹介で、地域のオーナーや自治会の方たちとの関係を作ります。 次に、利活用できるような古民家を調査し、建築士などと一緒に、どうやって活用できるかを考えていきます。最終段階では事業化を行っていきます。
コミュニティを大切に
まずは対象の地域のコミュニティに参加し、その地域の方からの信頼を獲得していきます。
主に行政や金融機関からの紹介で、地域のオーナーや自治会の方たちとの関係を作ります。 次に、利活用できるような古民家を調査し、建築士などと一緒に、どうやって活用できるかを考えていきます。最終段階では事業化を行っていきます。

取組事例

Case study
NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまち

奈良豊澤酒造(奈良市)とともに、未活用状態であった奈良市ならまちの元酒蔵を活用し、世界初のSAKE HOTEL「NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまち」を同社とのジョイントベンチャーにて共同で開発しました。
清酒発祥の地の奈良にて、日本酒の新たな接点を提案するコンセプトホテルとして、2018年に開業。
併設のレストランを含めて、日本酒の新たな表現にチャレンジしています。

NIPPONIA 田原本 マルト醤油
1689年創業、奈良最古の醤油蔵であった「マルト醤油」を復活しました。
マルト醤油は皇室御用達のお醤油としての名高い醤油蔵であった一方で、戦後、満足な材料調達が叶わず約70年前に醤油事業として閉業。しかし、先代の孫に当たる木村浩幸が醤油復興に取り組む中でNOTE奈良と出会い、二人三脚で醤油醸造の復活を目指した「泊まれる醤油蔵」として再生させました。
70年間、醤油蔵に奇跡的に生き残っていた「菌」を活かした奇跡の醤油とともに、醤油との新たな接点をホテル・レストラン全体で取り組み、ホテルとしては、一休(予約サイト)では近畿圏で最も高い評価を頂く宿に成長しています。
奈良専門オンラインショップ「ならわし narawashi」

南都銀行とともに、地元の隠れた商品を扱う地域特化型EC事業として2021年7月にローンチした「ならわし narawashi」の企画・運営をしています。
南都銀行のネットワークを活用しながら、ここでしか手に取れないアイテムを展開したり、企画型商品の企画・開発・クリエイティブディレクションなどを行っています。

GOSE SENTO HOTEL
奈良県御所(ごせ)市にて、かつて街の共有財産であった古民家銭湯「宝湯」の再生を中心とした「泊・食・湯」分離の分散型の観光まちづくりを行い、江戸時代から続く魅力的な町並みが残る「御所まち」の地域活性化に取り組むプロジェクト。
2022年10月に開業。銭湯・ホテル(2棟)・レストラン合計4つの古民家物件を同時改修するほか、プロジェクトに携わる地域雇用の創出及び移住・定住者の受け入れ促進を視野に入れた古民家住宅等の改修工事も行っています。
NIPPONIA 田原本 マルト醤油
1689年創業、奈良最古の醤油蔵であった「マルト醤油」を復活しました。
マルト醤油は皇室御用達のお醤油としての名高い醤油蔵であった一方で、戦後、満足な材料調達が叶わず約70年前に醤油事業として閉業。しかし、先代の孫に当たる木村浩幸が醤油復興に取り組む中でNOTE奈良と出会い、二人三脚で醤油醸造の復活を目指した「泊まれる醤油蔵」として再生させました。
70年間、醤油蔵に奇跡的に生き残っていた「菌」を活かした奇跡の醤油とともに、醤油との新たな接点をホテル・レストラン全体で取り組み、ホテルとしては、一休(予約サイト)では近畿圏で最も高い評価を頂く宿に成長しています。

メンバー

Member
田中 順子
開発ディレクター
NYでデザイナーとして歴史的建造物の改修増築などを手掛けた後、国内で複数の最上級クラスの外資系ホテルにて開発を担当。2019年よりNOTE奈良の開発ディレクターとして全体のプロジェクトマネジメントを担当。
東川 奈那子 
エリアマネージャー
新卒で歴史的建造物を活用した宿泊施設の運営会社に入社し、複数の宿泊施設の立ち上げ・サービスを経験。「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」のオペレーション担当者として従事。
東川 奈那子 
エリアマネージャー
新卒で歴史的建造物を活用した宿泊施設の運営会社に入社し、複数の宿泊施設の立ち上げ・サービスを経験。「NIPPONIA 田原本 マルト醤油」のオペレーション担当者として従事。

採用

Recruitment
地方のまちづくりに貢献するメンバーを募集中


空き家に人が入り、景観が保たれることで、
私たちはもちろんのこと、オーナーや地域住民の方にも
利益をもたらすことが可能です。

事業を通して第三者に直接的に喜んでいただけることが
我々の仕事の一番の醍醐味。

NOTE奈良で地域を盛り上げる「まちづくり」に携わりませんか?


専門性を活かす一気通貫の仕事


NOTE奈良には、エリアマネージャー・アシスタント・建築士・マーケター・プランナーなど様々な職種のスペシャリストが在籍しています。

地域のコミュニティで関係性を作るところから始まり、利用できる古民家の調査、そして事業化というところまで、事業の最初から最後まで、全て一気通貫で行うのがNOTE奈良の仕事の醍醐味です。

自身の専門性を活かしたい方、これから専門性を身につけたい方、まずはお気軽にご相談ください。


お知らせ


Information
2022.4.27 HPが公開されました。







会社概要

Company info

株式会社NOTE奈良

代表取締役   大久保 泰佑

所在地     〒630-8345 奈良県奈良市西城戸町4番地

資本金             20,000,000円

創業(設立)  2018年2月26日

事業内容    古民家再生業務全般

従業員数    18人(グループ全体:45名)

お問い合わせ

古民家利活用に関するご相談・古民家物件へのテナント出店・メディアのご相談など、お気軽にお問い合わせください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
株式会社NOTE奈良

〒630-8345 奈良県奈良市西城戸町4番地